FP(フィナンシャルプランナー)

オンライン資格講座オンライン資格講座

ファイナンシャルプランナーの資格 通勤講座

社員としても自営業としても幅広く活躍できるファイナンシャルプランナー資格

 

ファイナンシャルプランナー資格講座

ファイナンシャルプランナーは、顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などの状況を把握し、それを基に住居・教育・老後など将来の金融資産の運用・保護、ライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業です。略してFP(エフピー)とも呼ばれています。

 

ファイナンシャル・プランニング技能士国家資格で、その他に民間資格としてCFP資格審査試験、AFP資格審査試験などもあります。
いずれかの資格を持っている人を、一般にファイナンシャルプランナーと呼びます。

 

類似の資格として、銀行業務検定協会が主催するFA(ファイナンシャルアドバイザー)AFA(アシスタントファイナンシャルアドバイザー)や、生命保険協会認定FPのTLC(トータルライフコンサルタント)などが存在します。

 

ちょっと複雑ですね。

 

ファイナンシャルプランナー活躍の場

 

ファイナンシャルプランナー資格保有者は、銀行で資産運用のアドバイザーをしたり、保険業界では保険契約の選定や見直し、また、家計について相談を受けたり、主に個人向けの金融コンサルティングとも言えます。
顧客の利益を守り、損害を予防するなど、感謝されることの多い人気の資格です。

 

ただし、税務相談、法律相談においては税理士や弁護士の権利を侵食しますので、「お金の相談」のプロに徹する必要があります。

 

ファイナンシャルプランナー受験資格

 

1級(学科試験)

2級技能検定合格者で、FP業務に関し1年以上の実務経験を有する者
FP業務に関し5年以上の実務経験を有する者
厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で、1年以上の実務経験を有する者

1級選択作業(実技試験)

1級学科試験の合格者
日本FP協会のCFP認定者
日本FP協会のCFP資格審査試験の合格者
金財のFP養成コース修了者

※ 各級共通であるが複数ある選択作業のうち一つの選択作業をもって合格している者は、他の選択作業を受験する場合、学科試験が免除される。 (例:資産設計提案業務1級合格者が資産相談業務1級を受験する場合、資産相談業務1級の学科試験が免除される。)

2級(学科・実技共通)

3級技能検定の合格者
FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者
日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

3級(学科・実技共通)

FP業務に従事している者または従事しようとしている者