行政書士

オンライン資格講座オンライン資格講座

行政書士の資格 通勤講座

行政書士は、官公署に提出する申告書の作成・代行などをする国家資格です。

 

行政書士の仕事内容

行政書士の仕事内容について説明します。
行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者を行政書士と呼びます。個人や企業から依頼を受け、官公署などに提出するための許認可等の申請書類の作成をしたり、提出手続の代行・代理、遺言書等の権利義務についての書類作成、事実証明及び契約書の作成、行政不服申立ての手続代理などを行う仕事です。

 

法律関係の企業、大規模の会社の法令・管理部門などにも需要があり、また独立開業の道も開けています。

 

幅広い学習が必要だからこそ、細かく何度も行えるスマホでの通勤講座が優秀!

 

行政書士の資格取得のための国家試験は、非常に問題のジャンルが幅広く出題される試験内容です。長く地道な知識の習得が必要になります。
行政書士は非常に幅広い業務を行います。
学習は基本的には過去本試験問題を繰り返し解くことでも十分に合格できる力を養えますが、度重なる試験内容の変化において、いろいろな科目や問題を訓練しなければなりません。出題レベルも高度になり、深く幅広くなる傾向にあります。

 

ひとつの参考書を順番に解き覚えていくよりも、予想もつかない問題を何度もどんどん出されていく通勤講座は、知識を幅広く使う癖をつけるのにも効果的です。