税理士

オンライン資格講座オンライン資格講座

税理士の資格 通勤講座

短期間で税理士試験に合格した人々の勉強法を徹底的に研究

 

税理士資格講座

「税理士 通勤講座」は、短期間で合格した人々の勉強法を徹底的に研究することで開発したオンライン講座です。

 

わかりやすいビデオ講座に加え、問題練習やトレーニングなどのアウトプット学習が充実しています。
知識を習得するのに最適な順番で学べるよう、学習システムがきっちり計算されて組まれているので忙しい方でも無理なく続けられます。

 

さらに、無駄を省くことに事により、圧倒的な低価格の税理士講座を実現しました。

 

税理士とは

税務に関する専門家(コンサルタント)のための国家資格です。
税理士法に定める税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、登録を受けた者をいいます(税理士法18条)。

 

税理士

弁護士のように、バッジがあります。徽章は、日輪に桜。他に、税理士会連合会から顔写真つきの登録者証「税理士証票」を交付されます。

 

税理士は、公正な立場で各種税金の申告・申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続き等を行います。

 

  1. 税務代理(同法2条1項1号)
  2. 税務書類の作成(同法2条1項2号)
  3. 税務相談(同法2条1項3号)
  4. 補佐人(同法2条の2第1項)

 

税理士業務に付随した、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行その他財務に関する事務作業を仕事として請け負うことができます。

 

また、社会保険労務士業務の一部を請け負ったり、行政書士登録を受ければ行政書士となることができます。
このように、非常に重要な業務を担う国家資格ですので、しっかりと広く深い知識を勉強することが大事になります。

 

税理士国家試験の受験資格

いずれかの条件を満たす必要があります。以下抜粋です。他にも資格を満たす場合がありますのでご確認ください。

学識

  • 大学、短大又は高等専門学校を卒業した者で、法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者
  • 大学3年次以上の学生で法律学又は経済学に属する科目を含め62単位以上を取得した者
  • 司法試験に合格した者
  • 公認会計士試験短答式試験合格者

資格

  • 日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者
  • 社団法人全国経理教育協会主催簿記能力検定試験上級合格者
  • 会計士補
  • 会計士補となる資格を有する者

職歴

以下の事務又は業務に通算2年以上従事した者

  • 弁理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士等の業務
  • 法人又は事業を営む個人の会計に関する事務
  • 税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助の事務
  • 税務官公署における事務又はその他の官公署における国税若しくは地方税に関する事務
  • 行政機関における会計検査等に関する事務
  • 銀行等における貸付け等に関する事務

 

税理士の資格を手にするまで

「税理士となる資格を有する者」としては、公認会計士、弁護士、税理士試験のいずれかに合格し2年以上の実務経験を持つ者、23年以上税務署に勤務した国税従事者があり、税理士名簿への登録を受けることによって「税理士」となることができます。

 

税理士試験の内容

 

簿記論 複式簿記の原理、その記帳・計算及び帳簿組織、商業簿記のほか工業簿記を含む。ただし、原価計算を除く。
財務諸表論 会計原理、企業会計原則、企業会計の諸基準、会社法中計算等に関する規定、会社計算規則(ただし、特定の事業を行う会社についての特例を除く。)、財務諸表等の用語・様式及び作成方法に関する規則、連結財務諸表の用語・様式及び作成方法に関する規則
消費税法

又は酒税法

(1) 当該科目に係る法令に関する事項のほか、租税特別措置法、国税通則法など当該科目に関連する他の法令に定める関係事項を含む。
法人税法
相続税法
所得税法
固定資産税 (2) 当該科目に係る地方税法、同施行令、施行規則に関する事項のほか、地方税法総則に定める関係事項及び当該科目に関連する他の法令に定める関係事項を含む。
国税徴収法 (1)と同じ。
住民税又は

事業税

(2)と同じ。