宅建(宅地建物取引主任者)資格を目指す講座

オンライン資格講座オンライン資格講座

宅地建物取引主任者(宅地建物取引士)の資格 通勤講座

宅地建物取引主任者(宅地建物取引士)は、不動産取引における国家資格です。

 

不動産を取り扱う契約場面において、必ず同席し、重要事項などを説明しなければいけません。この業務を行うのが宅地建物取引主任者です。

 

  • 重要事項の説明(法第35条)
  • 重要事項説明書への記名・押印
  • 契約内容記載書への記名・押印

 

宅地建物取引業者は、宅地又は建物の売買をする契約場面において、賃貸借の契約が成立するまでの間に、一定の重要事項について重要事項説明書の交付と説明をなす義務があります。
これが宅地建物取引士でなければしてはいけない、最も重要で特化された職務となります。

 

ですので、不動産の賃貸や売買を行う会社には無くてはならない国家資格となります。

 

宅地建物取引主任者の需要

宅地又は建物の取引の専門家として、不動産取引業務には必ず必要になる資格であり、需要も多く常に求められています。
不動産会社に必須の国家資格なので、不動産取引が行われている限り安定して仕事があります。また、将来不動産会社を経営する道も開けています。